2009年12月25日

冬のファンタジー/カズン



はい、今日がクリスマス。
イヴの前夜はいかがでしたか?

仕事納めとクリスマスと
最後の忘年会のトリプルヘッダって方
多いのではないでしょうか?

オイラは29日までがんばるっす!

『カズン』

初登場ですね。
古賀さんと漆戸さんによる従妹デュオ
グループ名がまんまでした。
彼らとのファーストコンタクトは
まさにこの曲。

今思えば、一人暮らし最後の冬、
都会の喧騒の中で、どこからか
よく流れていたこの曲
テレビでもビールのCMソングとして
よく耳にしました。

耳ざわりのいい、二人の声は
まさに親戚ならではの呼吸ばっちり!
冬になると必ずといっていいほど
アルバムを引っ張り出してしまいます。

収録されているのは
コレクションの中の一枚
彼らの2ndアルバム
『ラブ&スマイル』

いい曲がたくさん入ってます。
短いけど、一曲目の
『約束』
そしてラストの
『シング』
なんか 安心して聴ける一枚です。

最近聞かないなぁと思ってたら
インディーズレーベルで
活躍されているということ
また、久しぶりに、あの素晴らしい
ハーモニーを聴きたいです。

深々と降りしきる
雪のイントロから
確かめ合う二人の愛が
雪の中に輝きだします。

『すれ違いばかりの二人

 遮っていたのは
 時間? それとも距離?

 暖め合う つないだ手
 音も無く 降りしきる雪

 距離も時間も無い世界で
 始めよう・・・
 またここから』

冬のファンタジー カズン 歌詞情報 - goo 音楽




一人じゃないってこと
暖め合う誰かがいるってこと

冬という季節は
それを確認するためにあるのかな?

雪の白さ
息の白さ
心の白さ

一人じゃ寂しくなってしまうものも
二人でいると また別のものに

気持ちをリセットするかのように
改めて、誰かへの想いを確かめてみた

君の手を温める両手は
ここにしかないよ





posted by はみゅ at 18:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | カズン

2009年12月21日

WINTER SONG ("雪のクリスマス"WORLDWIDE VERSION)/DREAMS COME TRUE



はい、週末は比較的
ゆっくりした時間を過ごせました。
たまには大事ですよね、こんなこと・・・

では、今週も週末の休みのために
がんばって行きましょう!

『DREAMS COME TRUE』

初登場ですね。
彼らとのファーストコンタクトは
1990年に発売されたシングル
『笑顔の行方』
でした。そのパワフルな吉田さんの
ボーカルは当時のJ-Pop
(当時はそんな言葉無かったけ・・・)
のアーティストでは群を抜いた存在感でした。

そのボーカルが紡ぎだす音楽は
ちょこっとばかり、こそばいくらい
ストレートな気持ち一杯の吉田さんの詞と、
それに味付けをする
中村さんのメロディライン
の賜物です。

吉田さんの存在感が大きいせいか、
はたまたダチョウ倶楽部の
リーダーに似たせいか(ぉぃ、
影の部分の中村さんですが(そうなのか?
彼の作り出すメロディあっての
ドリカムだと思います。
SEGAのメガドラ初代ソニックの
音楽でもいい仕事してました(笑)

んで、この曲です。
この季節ならではの綺麗な曲ですね。
コレクションの収録CDは
『DREAMS COME TRUE
GREATEST HITS "THE SOUL" 』
じつは、ドリカムのアルバムで唯一
持ってるアルバムです(汗

サブタイトルにある
『雪のクリスマス』
ですが、この曲の日本語バージョン
ということは、最近知りました。
っていうか、あちらが先にあって
こちらが英語バージョンだったんですね。
(ややこしやぁ〜(笑))
聞き比べると、微妙に違いがあって
面白いです。

ライブに行ってもアルバムと
違和感が無く安心して
楽しめるのもいいですね。
また行きたいです。
花火見たいぞ!

静かに降り積もる雪のイントロから
切ない片想いに揺れる女の子を包む
クリスマスの情景が切り取られます。

『あなたに出会えた今
 全てが 特別なものに
 見えるのはなぜ?

 この気持ちと一緒に
 あなたにこの景色を見せたい

 あなたと一緒にこの景色を見たい

 Merry Christmas To You・・・』

WINTER SONG DREAMS COME TRUE 歌詞情報 - goo 音楽



雪のクリスマス DREAMS COME TRUE 歌詞情報 - goo 音楽



「すき」っていう 
たった二文字の言葉

たった二文字なのに
この胸から溢れてくる

言えるかな?
伝えることができるかな?
今年が終わるそれまでに・・・

「あなたと出会えてよかった」

今日という
特別な日の力を借りて

あなただけに
メリークリスマス・・・





posted by はみゅ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | DREAMS COME TRUE

2009年12月18日

セレナーデ/岡崎律子



はい、珍しく三日連荘(汗
とりあえず、週末はお馬さんの方に
集中しなければならないので、
とにかくがんばっていきましょう!おー!

んで、クリスマスまで
クリスマスソングで行こう!
っと思ってたのですが
気分が変わってこの曲です(ぉぃ
いや、昼間にこの曲耳にしたら
一日離れなくなりました。

間延びするのもなんだし、
来年のクリスマスのために
ネタは取っとかなきゃ・・・あ
うんにゃ、週が明けたら
バリバリっすよ!(笑)

で、この曲、大好きなアニメ
『フルーツバスケット』
の25話のエンディングです。
以前紹介した
For フルーツバスケット
はそのオープニング・・・
ホントに、ホントに、いい曲を残して
くれました。

アニメの歌だからって
敬遠しないでください。
声質が好みじゃないからって
敬遠しないでください。

この詞に、この曲に
何度励まされたことか・・・

気付いた時には彼女は
天国に旅立っていました。
いまでも、優しい声で
空の上で歌っているのかな?

収録はイメージアルバム
『フルーツバスケット 四季』
から・・・

静かに囁くように
大事な人を想う
揺るぎない心を
歌い上げます。

『君がいるから 僕は強くなれる
 君がいるから 心は強くなれる
 
 下ばかり見ていた君が 
 空を見上げるとき
 そのそばに 僕はいたいだけ

 僕の望みは 君の笑顔だけ』

セレナーデ 岡崎律子 歌詞情報 - goo 音楽


大事だと想える人
その存在の大きさが
その人の心を強くする

誰かのためじゃなく
その人のためだけに
一日の一分でも一秒でも
何かしてあげることが出来たら
それはとても幸せなことだと思う

見返りはいらないんだよ
ただ そばで微笑んでいてくれたら・・・





posted by はみゅ at 19:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 岡崎律子

2009年12月17日

クリスマスのウェディング/杉真理


はい、意外な時間の更新です(汗
おちびの「ミルクくれ!」に叩き起こされ
お湯沸し、計量、作成、授乳、催眠(笑)
洗浄、ミルトンに投下と
眠気も吹き飛んじゃいました。
けど、6時過ぎぐらいのいい時間に
眠くなってくるんだろうなぁ・・・

っという事で、時間の有効活用!
ブログの更新となりました。
今迄でいちばん短い
更新スパンではないかい?

んで、今年のクリスマスソング
第二弾は「杉真理」さんにお願いします。

ナイヤガラのせいなのか
雰囲気的には夏のイメージが強い
お人なのですが、探してみれば
クリスマスソングがちらほら・・・
結構、本人も好きな行事なのかもしれません。

収録されているのは個人名義では
8枚目のアルバム
『Ladies&Gentleman』
彼の曲の中で一番好きな
『My Little World』
が入ってます。
いつか紹介できたらいいなぁ・・・

静かなイントロから
ある女の子のクリスマスの結婚式に
奇跡が起こります。

『内気な君が
 自分で選んだ 特別な今日の日

 『覚えているかい?』
 『クリスマスの約束』を・・・』

クリスマスのウェディング 杉真理 歌詞情報 - goo 音楽



君も いつかは大人になって
好きな人なんかできるんだろうね

そして 目の前で愛を誓うのを
見せ付けられるのかな

血が繋がっていない君だから
まだ僕を呼ぶ時も
下の名前で「ちゃん」付けだけど

その時ぐらいは
期待しててもいいのかな?

「お父さん ありがとう・・・」って

がんばらなきゃ!





posted by はみゅ at 04:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 杉真理

2009年12月16日

街に消えたクリスマス・カード/麗美





はい、冬の到来とともに
年末恒例クリスマスの季節がやってきました。
もう、来週ですね。計画はいかがですか?
子供達へのプレゼントにいつも頭ひねってます。
お姉ちゃんの方は、サンタクロースを
卒業したみたいなので、ストレートに
希望の品名を投げてくるので楽なのですが・・・
夢がまたひとつ、無くなってしまいました(涙

んで、やはり季節モノというか
その雰囲気に浸りたい時
PC内のiTunesにその時ひらめいた
キーワードを入れて検索してみます。
今日はやはり「クリスマス」でいってみました。
英語のスペルで入力すると、ウン十年も前に
作ったカセットテープを取り込んだ洋楽の
クリスマスソングなんかもあって
若かりしことを思い出したりなんかして・・・
もしかしたら、洋楽もちらほら
出るかもしれません(汗

で、今年のクリスマスソング第一弾は
この曲、麗美さん2回目、一年ぶりの
クリスマスソング繋がりです。

前回紹介した
走るそよ風たち
と同じコンピレーションアルバム
『MERRY CHRISTMAS TO YOU』
に収録されているこの曲。

曲調としてはこちらが好みなんですが、
曲の深さとしては
『走る〜』
に軍配が上がっちゃいます。
どうでしょ?
二つのクリスマスソング
聴き比べてみませんか?

アレンジは完全にクリスマスの定番ですが
詩の内容からは、一人ぼっちのクリスマスが
歌われています。失恋後かな?
あらら、昨日の谷山さんの
うさぎ
に繋がっちゃいましたね(汗

まぁ、二人っきりのクリスマスってのを
経験したことがない(涙)オイラとしては
思わず抱きしめてあげたくなる(笑)ほど
切ないクリスマスソングです。

どーせ、うち仏教だし(笑)、
楽しむなら大人数でぱぁっと
行きたいものですもんね!(負け惜しみ?)

華やかなクリスマス的なイントロから
思わず独りぼっちのクリスマスを
過ごすことになった女の子の心情が
煌びやかな街に溶け込みます。

『賑やかな季節
 賑やかな街中
 全てが 私を笑ってるみたい
 
 楽しい事ばかりのはずだったのに
 特別な夜のはずだったのに・・・ 

 でも、あんな、いいかげんな
 あいつなんかこちらから
 願い下げだわ

 だけど・・・ 』

歌詞情報が無いのが悔やまれます・・・(涙


特別な日だからこそ
特別な夜だからこそ
そこに居るべき大事な人を
改めて確認できる

人の価値って
普段 意識しないものなんだけど
そこに居るのが当たり前っていうのが
いちばん大事・・・

空気みたいってよく言うじゃない?

でも 僕らは呼吸しなきゃ
生きられない生物だから・・・

いちばん大事・・・







posted by はみゅ at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麗美

2009年12月15日

うさぎ/谷山浩子



はい、冬の気配が目の前に・・・
って、北の方では積雪が凄そうですね。
こちら九州でも週末は雪だるまマークです。

季節の変わり目に、っというわけでは
ないのですが、今日は谷山浩子さんの
この曲です。

収録されているアルバムは
『空飛ぶ日曜日』
と、僕が始めて手にしたベストアルバム
『カントリーガール』
です。
前者には名曲(迷曲?)
「恋するニワトリ」
が、後者にはかなり前に紹介した
銀河通信
が一緒に収録されてます。

歌詞の中で、季節は明記されて
ないのですが、唯一
『寒くなってきた』
の下りだけですかね?
でも、おいらのイメージの中では
白い息を吐きながら、
ずっと待ち人を待っている
長い黒髪の女の子がいる
雑踏行き交う冬の改札口の
ヴィジョンが浮かび上がってきます。

人を待つことは、
約束した時間を境に
人の心を乱します。
それが好きな相手ならなおのこと。
経験上、3時間までなら待った事が
あるけど、ドタキャンでした(涙
うんにゃ、約束、
忘れられてたのかな・・・
傍から見たら、決してうさぎには
見えなかっただろうけど・・・

オルゴールのようなイントロから
待ち人の来ない女の子との
短い邂逅が綴られます。

『待ちぼうけの君
 涙で赤くなったその目は
 誰のため?

 誰もが知らぬ顔で行き交う
 この雑踏の中
 何もできないまま
 僕は君を見つめてた

 街の片隅で
 君の涙が 心の鍵をこじ開けた

 泣いてもいいんだよ』

うさぎ 谷山浩子 歌詞情報 - goo 音楽


今の時代なら
携帯ひとつで
待ちぼうけなんか
無くなるのだろうね。

携帯が無かった時代
待ち人を待つ人は
いろんな事を思いながら、
時間通りに来ない人を
待ち続けたんだろうね。

君の涙が、笑顔に伝う時が来ることを
何もできない僕は、ただ祈るだけ・・・






posted by はみゅ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 谷山浩子

2009年12月10日

Here, There & Everywhere (冬の神話)/TM NETWORK



TM Network
久々の2回目の登場です。
1年半ぶりですか?

今回紹介するこの曲は
遥か前回に紹介した
Fool On The Planet(青く揺れる惑星に立って)
と同じアルバム
『Self Control』
に収録されてます。
それも順番的には
『Fool On〜』の次がこの曲です。
そして、このアルバムのトリを
任された曲でもあります。

どうも、冬の夜空を見上げると
この曲が無性に聴きたくなります。

最近、残業だらけで、会社のセコムを
セットした後、駐車場から見上げると
東の空には、冬の星座の代名詞
「オリオン座」が顔を出してます。
思わず「冬だなぁ」って背伸びしたくなるほど
星見人にはいい季節になりました。

星の紡ぎ方で季節が感じられるって
凄いロマンティックなことだと思います。
ほんと、この星に生まれてよかった!

話では、この曲の原型となるのを
作曲したのが、中学生だった
小室の哲っちゃんというから
やはり天才ですね。

そのせいもあるのか、
サックスで始まるこの曲は
TMの曲としては珍しいのかもしれません。

さらにギリシャ神話の悲恋に基づいた
詞の世界は、ファンタジックそのものです。

軽快なイントロから
現代の恋人達と
古代神話時代の恋人の想いが
澄み切った星空にシンクロします。

『君と出会って
 君と過ごして
 離れ離れになった今でも
 僕の心はあの頃のまま

 永遠に変わることのない様な
 この季節の星空みたいに

 でも時計が廻れば
 きっと・・・』

HERE, THERE & EVERYWHERE TM NETWORK 歌詞情報 - goo 音楽



どんなに離れていようとも
あの星からの距離比べたら
僕らの距離は限りなくゼロ

それは
この想いも同じだから

いつも すぐ側に・・・







posted by はみゅ at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | TM NETWORK

2009年12月09日

トワイライト・アヴェニュー/スターダストレビュー



スタレビ!2回目の登場です。
ほぼ1年ぶりですね。

今回紹介するこの曲は
彼らに初めて接した記念すべきアルバム
『TO YOU〜夢伝説〜』
に収録されてます。

アカペラバージョンは
『SUPER DONUTS』
に収録されてます。
このアカペラバージョンにも
思い出があるので、
これについても後から・・・
今日は長くなるかな?(汗

この曲に出会った頃、
自分は中学生。多感な時期でした。

そんな時期に出会ったこの曲は
今まで生きてきた中でも
一番、口ずさみ率が高い曲でもあります。
何気に、何十、いや何百回、
口ずさんできたか・・・

その理由はこの曲の歌詞にあります。
この曲に出会った頃、
初めて好きな子ができました。
その子は、幼稚園、小学校、中学校と同じで、
「幼馴染」とは違うのだけれど、
仲の良い「友達」でした。
人を好きになるということを覚え始めた頃、
その子が気になりだしたのも自然な流れ。

でも、その気持ちに気付いた頃には、
彼女には付き合ってる彼氏がいました。
同級生なんで、そいつも知ってる友達ですね。

一人の友達として、
彼氏の話題を話す彼女の前で
自分の気持ちを悟られないように、
今の関係を壊さないように、
じれったい気持ちを隠しながら
彼女の話しを聞いてた当事の自分・・・
しょっぱい話です。

その後、彼氏と別れたと聞いても、
今の関係を壊したくない臆病さで、
友達としての距離は縮まりませんでした。

そうして、高校、大人と
その気持ちを引きずったまま・・・

お互い大人になって再会した時、
今までと同じ距離のままで、
しばらく会っていた後、
ついに初めて
「付き合ってください」
と彼女に言いました。
彼女を見送る空港で・・・
変なタイミングでしたけど、自分なんで・・・
すみません

その結果としては、
やはり自分の心の弱さのせいで
彼女を傷つけることになってしまいました。
ほんとに、ごめん

そんな、いままでの自分の気持ちが
ぎっしりと詰め込まれた曲です。

今の嫁さんの前では口ずさめません。

静かなイントロから
切ない恋心が夕闇に響きます。

『わずかな勇気があれば
 僕らの距離は変わったんだろうか?

 痛みを恐れて
 今の関係から先に進めないまま・・・

 でも、あなたを思い続けていた
 この気持ちは間違いじゃない』
 
トワイライト・アヴェニュー スターダストレビュー 歌詞情報 - goo 音楽



もう 誰も好きになれないかな?
そう思い続けた時期もありました

ふとした偶然で、ささやかながら
幸せを見つけることができた今

ひどい言い方かもしれないけれど
自分勝手な言い草かもしれないけれど

「どうか 幸せになってください」

今は それだけを
祈ることしかできないから・・・


p.s. あ、アカペラバージョンの話を忘れてました(汗
   この曲がカラオケになったのは、アカペラの方が
   早かったんです。
   それを知らない、学生時代の自分は
   サークルの先輩から連れて行ってもらった
   街の飲み屋で、無謀にも選曲してしまい、
   流れてきたアカペラのイントロで
   まず自身が凍りつき、その後、
   店内の雰囲気も凍りつかせた、
   こちらも、しょっぱい記憶です(ぁぅぁぅ
   そのときの先輩の
  「凄い曲歌うなぁ〜」
   と変に感心(寒心?)された事は
   今でも忘れません。
   ええ、ちゃんと最後まで歌えたオイラは
   ある意味、凄かった(笑)






posted by はみゅ at 19:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | スターダストレビュー

2009年12月03日

いのちの歌/茉奈佳奈



残業中ですが、待ち時間の間に失礼します(ぉぃ
『茉奈佳奈』
パッと見、誰?ってな感じです(笑)
やはり、いまだに『マナ・カナ』の方が
しっくり来るのはなぜだろう?
はい、初登場ですね。

出世作の『ふたりっ子』を見ていない
オイラとしては、女優というより
バラエティで絶妙なコンビネーションを
見せてくれる芸人(?)(失礼!)としての
彼女らがイメージしやすいです。

いつの間にか二人もお年頃になって、
この曲が使われたNHKの朝の連続ドラマ
『だんだん』では双子ならではの
綺麗なハーモニーを聴かせてくれました。
番組の時間の関係でドラマの全話、
見れなかったのが残念です。
朝の5時くらいからやってもらえませんか?
朝の連続ドラマ、ねぇ、NHK様(笑)

たしかに、聞き惚れるというのでは無いけれど、
今どきのなんて歌っているか分からない
単なる一本調子のBGMと化している
自称他称の歌姫たちよりも
ちゃんと言葉を大切に歌ってくれてる
彼女らの歌の方がはるかに心に届きます。
少なくとも、おいらには!
十分に聞き惚れとるやないかい!(笑)

曲の収録は今年の4月に作った
J−PopのCDから・・・
半年以上経った今でも、
この曲を探して聴いてます。

優しいイントロから
生きていくことの
素晴らしさを歌い上げます。

『この宇宙の この星に生まれて
 互いに巡り合う奇跡は
 かけがえのない 未来の命へ
 出会うためのプロローグ

 温かい優しさ
 寄り添える温もり
 その全てが かけがえのない幸せ』
 
いのちの歌 茉奈佳奈 歌詞情報 - goo 音楽



生まれてきて
死んで行くまで
僕らはいろんなことに巡り合える

嬉しいこと 悲しいこと
それぞれに意味があると思うんだ

そうして 大人になっていく僕らは
次に繋がる命に 何を残していけるだろう

たいしものじゃないけれど
せめての ささやかな幸せを・・・







posted by はみゅ at 20:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 茉奈佳奈

2009年12月01日

クロ/遊佐未森



カレンダーでは12月に入っちゃいました。
一年が早いですね。
さて、最後まで気を抜かずにがんばらねば!

はい、久しぶりに遊佐さんの登場です。

携帯 兼 デジタルオーディオとして
使っている初代ウォークマン携帯ですが、
バッテリーを新品にしたのを機に、
新しい曲をPCから転送しました。
前回、中島みゆきさんの
歌姫
の時に、書いたのですが、
面倒くさいので、全然転送やって
なかったんですよね。

それで、今回転送したのが「遊佐未森」さん!
iTune内には、アルバムから150曲くらい
収めています。その中からチョイスして
50曲ほどを携帯へ

そして、記念すべき携帯初の
遊佐さんの曲が、この曲
『クロ』
でした。携帯のランダム再生も
いい仕事してくれます(笑)

この曲は、遊佐さんの23枚目のアルバム
『休暇小屋』
に収録されてます。
この曲自体、NHKの
『みんなのうた』
で話題になったみたいですね。
それを知ったのは、アルバムを買ってから・・・

遊佐さんとクロネコの「クロ」の
出会いとふれあい、そして・・・
実話なのかな?

おいら自身、犬やネコを
「正式に」飼った経験はありません。
両親が犬やネコを嫌いだったし、
飼える環境でもなかったし・・・
かろうじてペットといえるのは
金魚と十姉妹くらいかな?
(おぉ、「じゅうしまつ」ってこう書くの?)

でも、子供の頃は誰でも犬やネコを
飼ってみたくなるのが、自然の法則です。
オイラも例外じゃなく、親に隠れて
犬を飼ったことがあります。
友達と三人で、子犬の兄弟を3匹貰ってきて
岩場の隠れ家で、給食のパンとか
持って帰ってあげたり・・・
今、考えると幼稚な行動ですよね。
その後、10日後くらいに、
3匹ともいなくなってしまって
友達と必死に探し回った苦い記憶です。

当時その話を聞いた、家でたくさん
動物を飼ってる同級生から
「お前らには動物を飼う資格が無い!」
と、言われたのが何十年経った今でも
忘れられません。
その時は
「おまえんちは、たくさん動物が
 飼えるからいいよな」
くらいしか、考えられなかったのですが・・・
自分に対して悔しい思い出。

「動物を飼う資格」
それは、その命に責任が
持てるかどうかなのかな?
決して、おもちゃや
持ち物としてではなく。

軽快なイントロから
クロネコとのふれあいが
紡ぎ出されます。

『出会いと別れ
 それは必ずある事だけど
 君と過ごした時間は
 絶対 忘れない・・・

『君に会えたことが宝物』』
 
クロ 遊佐未森 歌詞情報 - goo 音楽


子供達もいつか動物が飼いたいと
言うようになると思う。
じいちゃんやばあちゃんがいる間は
ダメだろうけど・・・

でも、命とのふれあいは
その人の人生にとって
マイナスにはならないと思う

その『資格』が持てる
人間に育って欲しいな

応援するからさ



posted by はみゅ at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊佐未森
ラティース太陽光発電

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。