2010年02月27日

季節を越えて/スターダストレビュー



さて、いつも週末はお馬さんの方で
大忙しなのですが、ちょいとのんびりした
時間が取れたので、コチラも更新です。
いつも、そうだといいのにね。

んで、
『スターダストレビュー』
早々と4回目の登場です。

話は変わりますけど、
みなさんPCでの音楽ファイルの管理って
どうしてます?
メジャーなトコでは
『iTunes』とか『メディアプレイヤー』
だとか・・・
おいらの場合は
『iTunes』です。
すみませんね、ひねりが無くて・・・(汗

んで、今日現在で6143曲が入ってるんですが、
その中の機能に『レート』といって
自分のお好み度を入れることが出来ます。
星の数で表現されてて、最高五つ星です。

おいらの場合
星5・・「ソラでフルカラオケ可能!超お気に入り」
星4・・「カラオケ練習中」
星3・・「自分が歌わないけど聴きたい!」
星2・・「たまに聴きたい時もある」
星1・・「聴いてやっても良い(ぉい」
星0・・「なんで入れてるの?」
という基準で、せっせと星を付けていってます。
完全につけ終わるのに、先が全然
見えないのですけど・・・(汗
それに、時がたてば星の増減ってのも
ありますしね。

んで、この曲・・・
「スターダストレビュー」 
で、星整理してたとき
ずっと聞き流していて思わず
フルで聞き入ってしまったのが
昨夜の深夜(?)
やっぱり、いい曲ですね。
要さんのボーカルも
三谷さんのコーラスも・・・
戻ってきてくれないかなぁ

最後のコーラスなんか鳥肌モノです。
やはり日本最強のライブバンドですね。

収録されているのは
コレクションCDの中の
『Love Songs』
切ないラブソングが一杯詰まった
ベストアルバムです。

静かなイントロから
互いの存在を再確認した
二人の未来が幕を開けます。

『ただ傍にいることが
 当たり前だと思っていた

 君の不安や涙を
 気付くことさえ出来なかった

 早く言葉に出来ればよかったね
 近くにいたから 分かってると思ってた

 これからは二人で笑顔で歩いていこう

 『君だけを愛している』・・・
 』
 
季節を越えて スターダストレビュー 歌詞情報 - goo 音楽



君という存在
僕という存在

他人にとっては
他愛のない存在なのかもしれないけれど

二人にとっては
かけがえのない存在

少なくとも僕にとっては

君の心は見ることはできないけれど
何も言わず握り締めてくれた
この手の温もりだけは
信じていいよね

ずっと繋いで歩いていこう
ほら 子供達の手も一緒に・・・


※なんか、この曲も披露宴とかで使えそうですね。







posted by はみゅ at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | スターダストレビュー

2010年02月26日

Disillusion/タイナカサチ




久々登場の
「タイナカサチ」さん

そして久々の連荘更新!
(っとなるはずだった・・・)(汗

そして、そして久々のアニソンです(笑)

と言っても、この曲がOPで使われている
アニメ&ゲームの
『 Fate/Stay night』
観た事も、やったこともありません(ぉぃ

アニメの方は、引越しが落ち着いてから
100円レンタルで衝動的に観まくろうと
思ってるのですが、ゲームの方は
いまだにWiiしか箱から出してません。
PS2・・・いつになるのかな?
DC・・・いつになるのかな(汗
SS・・・出せるのかな(涙

引越しのときに、新品同様の
スーパーファミコンが押入れから
発掘された時には、嫁と一緒に
バビョーン(by au)でした(笑)
いくらなんでもこれは出せないでしょう・・・

あうあう、曲の紹介でした・・・
この曲はタイナカサチさんの
記念すべきメジャーデビュー曲
偶然にも、当時の自作 月刊J-Pop CD
の中にも入ってたんで聴き覚えがありました。

聴き入ってみると、
メロディーラインも、もちろんなんですが、
アレンジも、かっこいいんですよね。
調べてみると
編曲 「川井憲次」
あれ?なんか聞き覚えが・・・
あ、パトレイバーの劇場版の人だ!
押井作品には欠かせない人でした。
と言うことで、ここでもオタクの縁を
感じてしまいました(笑)

静かな胎動のようなイントロから
現実に打ちひしがれる心から
覚醒するための力を
己の中に見つけ出します。

『現実と理想は背中合わせ
 だけど それらに正面から向き合える
 力を誰もが持っている

 難しいことではないんだよ
 ホントの自分をさらけ出すだけ』

disillusion タイナカサチ 歌詞情報 - goo 音楽



『きれいごと』
っていう言葉
あまりいい意味で使われないけど
ほんとはある言葉と同じ意味なんだと思う
その言葉は
『希望』

リアルの狭間の中で
僕らは幻を追い求めながら
生きていくけど
それを掴んだ後には
ナニが残るのだろうか?
幸福感?達成感?それとも・・・

『在りのまま』の自分でいられること
それが『希望』という言葉の
『核』なのかもしれない




posted by はみゅ at 08:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | タイナカサチ

2010年02月24日

今夜だけきっと/スターダストレビュー



ブログのメンテナンスもありまして
少々さぼり気味の更新となりました。
いやいや、メンテナンスのせいでは
ないですよね(汗

んで、
『スターダストレビュー』
3回目の登場です。

今日は、娘を迎えに行く途中で
車の中で流れたこの曲を紹介します。

収録は、5thアルバム
『VOICE』
名曲
『1%の物語』
も入ってますね。
この前後がレコードとCDとの
移行期だった記憶があります。

この曲は、いろんなバージョンがありまして
オリジナルはもちろん
ベストアルバム
『STARS』
には、ストリングのイントロで始まるやつが
収録されてます。
ライブバージョンも捨てがたいですね。
どれも、いい味出してます。

間奏のメロディラインは
いつ聴いても鳥肌モノですね。

いきなりのサビ出しから
切ない二人のすれ違いが
悲し過ぎます。

『忘れられるだけの恋ならよかった

 すれ違ってしまった 二人の心は
 もう元には戻らない

 いっそ 流れ星と一緒に
 全てを忘れることが出来たら・・・』
 
今夜だけきっと スターダストレビュー 歌詞情報 - goo 音楽


悲しいのは今夜だけじゃないくせに
そう思い込みたい自分がいる

あしたへ前向きに行けるならば
こんなに苦しむことは
決してないよね

今まで 一緒に紡いで来た時間は
取り戻せないけど
ほんとに そこにあったんだもの







posted by はみゅ at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | スターダストレビュー

2010年02月16日

Keep On Keeping On/永井真理子




「永井真理子」さん

久々の2回目の登場ですね。

元気な歌声が印象的な彼女ですが
バラードもなかなかツボにはまります。

この曲が収録されているのも
アルバム
『やさしくなりたい Ballad selection』
バラードばかりを集めたベストアルバムです。
いい曲ばかりですね。

この曲の作曲が、あの
「辛島美登里」さんということも
今回再発見の一つでした。
なんか嬉しいですよね、こんなの。

最近の活動としては
自主レーベルでの
アルバム製作とか・・・
オーストラリアに
いらっしゃるみたいです。

また、元気なライブを見に行きたいですね。

静かなピアノのイントロから
つまづいてしまった自分の心を
なぐさめ、励ます、もう一人の
自分の心を歌い上げます。

『いいことばかりじゃないよね
 上手くいくことばかりじゃないよね

 だけど 夢を信じ続けること
 愛を求め続けること

 それが出来る自分がいれば大丈夫』

Keep On Keeping On 永井真理子 歌詞情報 - goo 音楽




自分が信じ続けてきたこと
それが思いもよらなく 揺るいだ時
どうしようもなく不安になる

だけど それまでの自分の生き方に
支えてくれてきた人たちに
後ろを向くわけには行かないよね

信じ続けてきた理由を
もう一度 自分自身に
刻み込んで
また 明日から一歩を踏み出そう






posted by はみゅ at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 永井真理子

2010年02月10日

雨に消えたジョガー/松任谷由実



またまた、さぼり気味でした(謝

新しい生活のリズムへの不慣れと
やはり、今まで生活の一部だった
ネット環境がないというのは
致命的です。
来月あたり、どないですか?奥様?
電話引いちゃダメ?
職場ではブログにあてる時間がありませぬ(涙

んで、久々で、この曲
ユーミンの
『雨に消えたジョガー』
です。
なんか、雨の日になぜか口ずさんでしまう
悲しくも綺麗な曲です。

昨夜からの季節外れの温かい雨に
霧に煙った今朝の街並みがまんま
この曲の情景と重なりました。

収録されているアルバムは
『時のないホテル』
名曲ぞろいの名盤ですね。
個人的には、この前、全話見終わって
名作の称号(笑)を与えたアニメ
『ラブ・コン』
の設定そのままの
『5cmの向う岸』
が好きです。
これまた悲しい結末の
曲なのですが・・・

曲中に出てくる単語
「Myelogenous Leukemia」
とは
「白血病」
のこと・・・

静かなイントロから
病床の想い人の影を
霧雨の中、追いかける
ヒロインの姿が切ないです。

『元気だった頃のあなたと
病院のベッドの上の今のあなた
今でも 元気な頃のあなたの笑顔が
忘れられない

いつかのように
また 一緒に走ることが出来たなら・・・
それが 叶わない夢だとしても』

雨に消えたジョガー 松任谷由実 歌詞情報 - goo 音楽



今の会社にアルバイトで来てた頃
一緒の現場で 良くしてくれた先輩がいる

数年前に家族を残して逝ってしまった
彼も 同じ病気でした

2年後 その先輩と同じ年齢になる僕は
その時 家族と共に笑顔で
元気でいれたらと切に思います。






posted by はみゅ at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユーミン
ラティース太陽光発電

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。