2011年01月14日

奇跡の海/坂本真綾



はい、ぼちぼちの自分のペースで行きましょうか・・・

今回も、アニソンとなりました(汗
すみません、携帯内のデータの占有率が
半端じゃないです(笑

この曲は
『ロードス島戦記-英雄騎士伝-』のオープニングを飾ります。
でも、この曲との出会いは、アニメを見る以前から・・・
その時はアニソンとも知らずに、ただ「いい曲やなぁ・・・」と
思ってただけでした、歌ってるのも真綾さんとは知らなかったし(汗
その分、収録されているシングルコレクション
『シングルコレクション+ ハチポチ』で出会ったときには
嬉しかったです。

『ロードス島戦記』と言えば、古くはPC98時代のRPGから、
画質が素晴らしいOAVと懐かしい記憶が満載なのですが、
根本の小説は未読です(汗
特に、RPGでは範囲魔法が味方まで巻き込むという、
いうなれば現実的な設定が個人的にはヒットでした(笑

んで、この曲・・・
作詞 岩里祐穂
作曲 菅野よう子
歌  坂本真綾
鉄壁のトライアングラーです(なんのこっちゃ?

民俗音楽的なイントロから、
いつか出会う二人の絆が
時空を越えてこだまします。

『二人が出うことが奇跡ならば
 僕らは何も恐れない

 この闇も風もうねりも
 僕らをさえぎることは
 決してできない

 この絆がある限り・・・』

奇跡の海 坂本真綾 歌詞情報 - goo 音楽





辛い時・・・
それは立ち止まって今の自分を省みるいい機会
何事にも動じない、真っ直ぐな志があれば、
それは必ずある方向を見失わない。

求めるものは何?
人?物?

迷えるものは誰?
自分?それとも路傍の他人?

今は暗闇だとしても
いつか出会えると信じて
僕らは漕ぎ出す

奇跡の海へ






posted by はみゅ at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 坂本真綾

2011年01月08日

コスモスに君と/戸田恵子



はい、モチベーションを維持したままの
連荘といきましょう!
いつまでも、このまま!このまま!

今日の一音は久々にアニソンとなりました。
それもエンディングのほうです。

歌っているのは、いまや「アンパンマン」や
三谷作品の常連となっている戸田恵子さん。
だけど、僕らの年代では、「ガンダムのマチルダさん」とか
「イデオンのカララさん」のイメージがいまだに強いんです。

そのイデオン、正式名称は『伝説巨神イデオン』のエンディングに
使われているのがこの曲!キレイないい曲です。
歌詞は少しきつめなとこ有りますけど・・・(汗
その作詞は監督でもある「富野由悠季」の
ペンネームの「井荻麟」さん。らしいですね・・・(笑
作曲はあの「すぎやまこういち」さんです。
オープニングも手がけてらして、こちらもいい曲ですね。
セットで、カラオケでは熱唱させてもらってます(笑

シンフォニックなイントロから
破滅的な運命の中でも
寄り添う二人の愛が紡がれます。

『生きることが辛いことだとは
 誰でも知っている。

 その中で出会った二人だけど、
 辛さが二倍になるわけじゃない。

 寄り添い 触れ合う
 それは物理的なことばかりじゃなく

 求め合う気持ちがあれば
 時間も空間も越えられる』

コスモスに君と/戸田恵子 - 歌詞GET





破滅的な最後になったこのイデオンという作品・・・
でも、なぜか悲観的な記憶が少ないのはなぜだろう。
魂の開放という宗教じみた解釈はあまりしたく無いけれど、
側にいてくれる人がいるということが、
どれだけ大切なことなのか。
今考えると、リアルタイムで見れたことが誇りだと思う。

BOX買っちゃダメかな?
ダメだろうなぁ(笑



posted by はみゅ at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 戸田恵子

2011年01月07日

時代/中島みゆき



はい、ちょいと遅めの
明けましておめでとうございますです。
3ヶ月ほどの放置でした(汗

このまま、触れること無いかなぁ
なんて事も考えたりして・・・

でも、始めるきっかけをくれたのは、
年末に行った中島みゆきさんのコンサートでした。
十数年ぶりのコンサート・・・
たしか、伝説のドラマ「家なき子2」の主題歌
「旅人のうた」のお披露目で、歌詞覚えてないから
1番しか歌わなかった(歌えなかった(笑 )
コンサート依頼だから15年ぶりになるのかな。
そのときの場所は横浜アリーナ・・・
都心の会社を辞めて、田舎に帰る直前のこと。

それから、田舎に帰り、家族が出来て
幸せながら(辛い時もあったけど)、
時間の流れに流される毎日。

去年、みゆきさんのツアーの情報をゲットして、
ダメ元でWebでのチケット抽選に応募して、
さらにダメダメ元で嫁さんにコンサートへ
行く事への許可を貰うことに・・・
あっさり、「いいよ!」と言ってくれたことには
大感謝!けど、
「来年、チケット取れたら嵐のコンサート
 行ってもいい?」と付け加えられたら、
「ダメ!」とは言えないやんか!(笑

今年のコンサートでは、
秋に出た新アルバムからが中心だったのですが、
それ以外の曲の選択が素晴らしかったです。
今日の一音の「時代」、そしてこのブログで紹介した
記念すべき第1回目の曲「夜曲」、そして
一番のサプライズが、去年最後のみゆきさんの曲を
紹介した時の曲「時刻表」が聴けたこと!
その他には・・・
「しあわせ芝居」とか、
フルメンバーでの「二隻の舟」とか
コトーさんの「銀の龍の背に乗って」とか
「悪女」とか、「たかが愛」とか・・・
とにかく素晴らしかった!
あらためて、彼女の凄さ、
彼女の曲を聴いてきてよかったと
思わずにはいられませんでした。

そしてやっぱり、「歌」っていいな!凄いな!という
純粋な気持ちの確認です。

そんな中、今日の一番に携帯に入れた曲の中から
ランダムに最初に再生されたこの歌から・・・
この歌は、いまさら説明が要らないほどの名曲です。
バージョンも二つありまして、歌い方も違います。
収録されているのは、
1stアルバム「私の声が聞こえますか」と
21stアルバム「時代-Time goes around-」
あと、ベストやシングル集などにもちょこちょこ・・・

静かなイントロから、
辛い今を嘆くよりも、
明日へ踏み出す勇気を歌い上げます。

『今が辛いと嘆くことは誰だって出来る

 けど 明日が来ないわけじゃない

 生まれ変われば 何かが変わるのかな?って
 思ってた時期があったけど・・・
 
 それは命の生まれ変わりなんかじゃ決してなく
 心の生まれ変わりなんだと思う

 さぁ 踏み出そう!』

時代 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽




『「幸せ」という字は、
 「辛い」という字の上についているちょっぴりの点を、
 十という字に変えると幸せになるんです。
 十分辛くて、はじめて人は幸せになるんです。』
というみゆきさんの言葉を思い出す。
確か深夜ラジオの最終回の時だったかな?

時代が廻って、再び辛い状況に自分が立たされた時、
僕は何かできるだろうかと考える。
でも悲観は決してしない。
昔の辛かった時代の自分よりもはるかに経験値は
上がってるはずだから・・・きっと変えてみせるさ!



posted by はみゅ at 17:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中島みゆき
ラティース太陽光発電

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。