2013年03月01日

暮れていく空は/遊佐未森

 
さて、改心したのでしょうか?(笑

いきなりのペースです。大丈夫?(汗

今日ご紹介するのは、これまた久しぶりの遊佐さん。

まぁ、昨日のみゆきさんでも約二年ぶりなので

当たり前といえば当たり前ぇ〜♪なのですが・・・(汗

 

んで、この曲。収録されているのは名盤『ハルモニオデオン』

動画は、DVDで出ている『ForestNote』から〜

こちらも癒される名盤ですね。

「夕暮れ時」「黄昏時」「逢魔時」英語では「Magic Hour」「twilight」

いろんな名前を持つこの時間は、何故か人を引き付ける何かがあります。

PCに蓄えてる写真にも、あることあること、夕焼け空の写真が(笑

 

どこか懐かしいイントロから、

どこか懐かしい夕暮れ時の情景が浮かび上がります。

『君への一方通行のこの想いは

いつか戻ってくることがあるのだろうか?

淡い期待がないわけではないけれど、

今は、君を見ているだけで…

届けばいいな…

明日も晴れるといいな…』


暮れてゆく空は 遊佐未森 歌詞情報 - goo 音楽

科学的に、夕日の波長が脳波のα波をなんたらかんたらというのは

こっちに置いといて、素直に夕焼け空はきれいなのであります。

そのままの気持ちのまま、その日を振り返ってみると、

つまらない事も、大したことなくなるもんじゃないのかな?

だから、何回もシャッターを押し続けている自分がいるのだな、多分(笑

posted by はみゅ at 01:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊佐未森

2009年12月01日

クロ/遊佐未森



カレンダーでは12月に入っちゃいました。
一年が早いですね。
さて、最後まで気を抜かずにがんばらねば!

はい、久しぶりに遊佐さんの登場です。

携帯 兼 デジタルオーディオとして
使っている初代ウォークマン携帯ですが、
バッテリーを新品にしたのを機に、
新しい曲をPCから転送しました。
前回、中島みゆきさんの
歌姫
の時に、書いたのですが、
面倒くさいので、全然転送やって
なかったんですよね。

それで、今回転送したのが「遊佐未森」さん!
iTune内には、アルバムから150曲くらい
収めています。その中からチョイスして
50曲ほどを携帯へ

そして、記念すべき携帯初の
遊佐さんの曲が、この曲
『クロ』
でした。携帯のランダム再生も
いい仕事してくれます(笑)

この曲は、遊佐さんの23枚目のアルバム
『休暇小屋』
に収録されてます。
この曲自体、NHKの
『みんなのうた』
で話題になったみたいですね。
それを知ったのは、アルバムを買ってから・・・

遊佐さんとクロネコの「クロ」の
出会いとふれあい、そして・・・
実話なのかな?

おいら自身、犬やネコを
「正式に」飼った経験はありません。
両親が犬やネコを嫌いだったし、
飼える環境でもなかったし・・・
かろうじてペットといえるのは
金魚と十姉妹くらいかな?
(おぉ、「じゅうしまつ」ってこう書くの?)

でも、子供の頃は誰でも犬やネコを
飼ってみたくなるのが、自然の法則です。
オイラも例外じゃなく、親に隠れて
犬を飼ったことがあります。
友達と三人で、子犬の兄弟を3匹貰ってきて
岩場の隠れ家で、給食のパンとか
持って帰ってあげたり・・・
今、考えると幼稚な行動ですよね。
その後、10日後くらいに、
3匹ともいなくなってしまって
友達と必死に探し回った苦い記憶です。

当時その話を聞いた、家でたくさん
動物を飼ってる同級生から
「お前らには動物を飼う資格が無い!」
と、言われたのが何十年経った今でも
忘れられません。
その時は
「おまえんちは、たくさん動物が
 飼えるからいいよな」
くらいしか、考えられなかったのですが・・・
自分に対して悔しい思い出。

「動物を飼う資格」
それは、その命に責任が
持てるかどうかなのかな?
決して、おもちゃや
持ち物としてではなく。

軽快なイントロから
クロネコとのふれあいが
紡ぎ出されます。

『出会いと別れ
 それは必ずある事だけど
 君と過ごした時間は
 絶対 忘れない・・・

『君に会えたことが宝物』』
 
クロ 遊佐未森 歌詞情報 - goo 音楽


子供達もいつか動物が飼いたいと
言うようになると思う。
じいちゃんやばあちゃんがいる間は
ダメだろうけど・・・

でも、命とのふれあいは
その人の人生にとって
マイナスにはならないと思う

その『資格』が持てる
人間に育って欲しいな

応援するからさ



posted by はみゅ at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊佐未森

2009年10月27日

時の駅/遊佐未森



はい、半年振りに遊佐さんの登場です。

久しぶりに、車に刺さりっぱなしの
CDチェンジャーの中から
自分らの結婚式のBGM用に作ったCDを
流してみました。

その中で、花嫁から親への
花束贈呈のシーンで使った
この曲です。

入っているのはアルバムは
「ハルモニオデオン」
前回紹介した
0の丘∞の空
も 一緒に入っています。
繰り返しますが、名盤ですね。

初めてこの曲を聴いた時に
頭の中に浮かんだイメージがありました。
それは、当時リアルタイムで連載されていた
漫画のイメージです。
その漫画のタイトルは
「ぼくの地球を守って」
日渡 早紀さんの代表作になるのかな?
本棚には全巻コレクションとして揃ってます。

まさに、歌詞のイメージがそのままでした。
聴くたびにそのイメージが浮かんできます。

紹介する動画はストリング中心の
アレンジですが、アルバムのピアノ中心の
アレンジほうが僕は好きですね。

静かなイントロから
運命的な出会いと
これからの二人の
ドラマの幕が開きます

『僕らが出会えたことは
 偶然なのかもしれないけれど
 運命だって きっと思えてくるよ

 この満点の星空の下
 ささやかな存在の僕らだけど
 旅は始まったばかり
 さぁ 一緒に行こう・・・』

時の駅 遊佐未森 歌詞情報 - goo 音楽



『同じ時代(とき)の中生まれてきたよ
いつか出遭うために
君のそばに』

言葉にするのは 恥ずかしいけど
自信を持って そう思える

子供達だって きっと同じだと思うよ









posted by はみゅ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊佐未森

2009年04月06日

0の丘∞の空/遊佐未森



はい、久々の更新(汗 と共に
久々の遊佐さんの登場です。

最近、夜中の息子のおっぱいとオムツ攻撃から
朝の起床が辛いものになってきてます(笑)
そこで、あまり刺激にならず、かつ、
爽快な目覚ましとして最近はまっているのが
遊佐未森さんの歌声です。

聞いているのはもっぱら通勤の車の中。
やっと窓全開で走れる季節になってきたので
風を感じながら聞く彼女の声はまた格別です。

で、今回のこの曲は愛用のiPodではなく
チェンジャーに入れている彼女の3rdアルバム
『ハルモニオデオン』から・・・名盤ですね。

アルバムバージョンなのか、正式名称は
『0の丘∞の空(versionII)』
シングル版も聞いてみたいです。

軽快なイントロから
無限に広がる青空に抱かれた
緑の丘への招待状が届きます。

『僕らが出会えた事
 この時、この場所、
 限りなくゼロの僕たちの関係

 これからどうなっていくかは
 分からないけど
 不安など何もない

 無限に広がる未来だから
 無限に広がる希望や夢だって
 きっとある』

0の丘∞の空 遊佐未森 歌詞情報 - goo 音楽



君にプロポーズしたのも丘の上
あの時 僕らの距離は
限りなくゼロに・・・

そこからスタートして
もう何日過ぎたのかな?

無限に広がる座標軸の中を
同じベクトルで君とずっと歩いていく

年をとって 腰が曲がっても
あの丘へ また いつか一緒に行こう


posted by はみゅ at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊佐未森

2008年01月24日

地図をください /遊佐未森



確かシュワちゃんが出てたCMの
コマーシャルソングとしてが
初耳だったような・・・
遊佐未森さん・・・
その、耳をくすぐるようなやさしい声が
見事にビンゴ!であった。
近くのレンタルCD屋さんを
探してまわった記憶が・・・

『夢(未来)はあまりにも手が届かなくて、
 君(過去)を追いかけてもしかたがない。
 途方にくれる僕だけど、手のひらには
 小さなコイン(希望)がひとつ・・・』

地図をください 遊佐未森 歌詞情報 - goo 音楽



一人暮らしの学生時代、
将来何になるかまだわからなかった。
焦りはなかったけれど、
それでいいとは思ってなかった。

どうなるか分からなくてもいいんだよ。
でも立ち止まってちゃダメだ。

そんな、背中をやさしく押してくれる歌声だ。




posted by はみゅ at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 遊佐未森
ラティース太陽光発電

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。