2009年06月01日

Teenage Walk/渡辺美里



「Teenage Walk」

彼女のセカンドアルバム
「Lovin' you」
の 2枚目「THERE」に
収録されてます。
シングルにもなっているみたいですね。

このアルバムが彼女との
ファーストコンタクトだったのは
先出の「eyes」でご紹介したとおり・・・
そのアルバムの中には、
名曲
「My Revolution」
も入っているのだけれど、
当時10代のおいらの心に響いたのは
この曲の方でした。

作曲は「My Revolution」でも
いい仕事をしたTMの小室の哲ちゃん!
いまさらながら、いろんなギミックたっぷりの
メロディーは自分のツボにはまりまくりです。

最近は変なことで名前を聞くようになったけど、
あらためて、彼の書いた曲の中に
自分が好きな歌が数多くあることを
認識しました。
それは、紛れも無い事実だから、
早く、いい曲聴かせて下さい!
望むのはただそれだけです。

あ、ちょいと脱線しちゃいましたね。
この曲を歌ってた頃の彼女も10代・・・
そんな親近感もあって、
若々しい(失礼!)歌声は、
いまでも色あせません。

いきなりサビからの歌い出しから
幼いココロが葛藤と希望の境界を
すり抜けるための翼を探し出します。

『「自分らしい生き方」

 それを見つけるために
 悩んだり 挫折したり・・・
 
 だけど 自分の心に1つでも
 信じることが出切る事あるならば
 それは 君の強さになるよ

 今はゆっくり歩いてたって
 それは いつか大空へ羽ばたくための
 助走なんだから・・・』

Teenage Walk/渡辺美里 - 歌詞GET



親に言われるまま
部活も入れず
勉強ばかりの高校時代
楽しいことなんかあるわけが無い

だけど、思い出すのは
そのときのクラスメイトの顔
登下校のバス通学での
昔からの友達の顔

あのころ自分が
一人じゃなかったんだって
思い出を思い返せることが
いま なによりも嬉しい

無様だけど 不器用だけど
はばたいていられる






posted by はみゅ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渡辺美里

2008年11月26日

eyes/渡辺美里


「渡辺美里」

彼女とのファーストコンタクトは
高校時代、先出のTM Networkで
お世話になった親戚の兄ちゃんから
2本のカセットれテープに入れてもらった
アルバム「Lovin' you」から。
彼女のセカンドアルバムですね。
当時、CDで2枚組みアルバムということ自体、
珍しいものでした。
名曲「My Revolution」が収録されてます。
っていうか、全曲名曲ぞろいです。

彼女の力強いボーカルと岡村靖幸、小室哲哉といった
当時先進的なメロディメーカーの融合は、
一度聴いただけで衝撃的で、
素直に「いい!」と思いました。

そして、デビューアルバム
「eyes」にさかのぼる事になるのですが、
このアルバムに収録されているのがこの曲です。
TMのメンバー木根さんの作曲です。GJ!

朝の目覚めを感じさせるイントロから
何気ない一日が始まります。

『何気ない一日でも
 無駄なことなんて
 ありはしない

 そこに何を感じることができるか
 自分で確かめるしかない

 落ち込んだ時も
 顔を上げてみて
 また新しい朝がやってくるから』

eyes 渡辺美里 歌詞情報 - goo 音楽






一人暮らしのときの
一人ぼっちの朝

いつも繰り返しの
何気ない生活だったけど

振り返ってみると
出会った人たち
生活していた街

今では 大事な財産なのかも・・・

いままで、そしてこれから
出会い触合う全てのものに

ありがとう・・・って言えるかな?

タグ:渡辺美里 EYES
posted by はみゅ at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渡辺美里
ラティース太陽光発電

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。